韓国美容整形無料サポート|ナビコリア(両顎・輪郭・頬骨縮小最大20泊宿泊) 

目の手術

人の印象は目で決まると言っても過言ではなく、目元の印象はその人の イメージを左右する重要なパーツと言えます。目の整形の手術法には大 きく埋没法、切開法、部分切開法に分けることができますが、希望する方の ラインや形によってその手術法が変わってきます。

二重整形 さまざまな形
IN

末広型/インフォールド
二重まぶたのラインが目頭の内側から始まって、目尻にかけて末広がりのラインを形成するのがインフォールドです。東洋人に一番多い二重のタイプです。

OUT

平行型/アウトフォールド
二重まぶたのラインが目頭の外側から始まります。西洋人に多い二重のタイプで、東洋人にはあまり向いていない形です。

IN, OUT

幅の狭い平行型/イン・アウト中間フォールド
二重ラインの始まりが目頭の外側からになりますが、限りなく内側に近い位置からラインを出し、目尻にかけて末広がりの二重を形成するのがインアウト中間フォールドです。最近よく好まれている形です。

1. とれない 連続埋没法

埋没法は・・・

  • お肌にたるみのない10代~20代の方に向いている手術法です。
  • まぶたを切開しないので、仕上がりが自然です。
  • まぶたが薄く、脂肪が少ない方に効果的な手術法です。
  • まぶたを糸で留めるので、抜糸の必要がなく傷跡が残りません。
  • 切開をしないので腫れが少なく、ダウンタイムが短いです。

既存の埋没法では、結び目を1~2箇所しか作らないため、その結び目がほどけてしまった場合、二重のラインが元に戻ってしまう問題点がありました。このような短所をカバーし、アップグレードさせた手術法が「連続埋没法」です。

連続埋没法とは?

既存の埋没法の短所をカバーした手術法です。二重ラインを作る時、連続的にいくつかの部位を留めて結び目を作り、糸が簡単にほどけないようにしっかり結んで二重ラインをつなぎます。一般的には3~7箇所を留めて、お望みのラインを形成します。

  • 結び目を連続して作ります。
  • まぶたに脂肪が多い場合は、脂肪除去も同時に施術可能です。
  • 取れない二重ラインを作れます。
  • 腫れの少ない手術法です。
2. 部分切開法

部分切開法とは?

部分切開法は、埋没法で二重ラインを形成するのが難しい、まぶたに脂肪が多く腫れぼったい目に適用される手術法です。0.2~1mm程度の小さな切開で手術を行います。

部分切開の特徴
①元に戻ってしまうことがありません。
②腫れが少なく、ダウンタイムが短い。
③脂肪が多く腫れぼったい目に適した手術法です。
④手術後、傷跡があまり目立ちません。

手術法を決めるにあたっては、術後の腫れや、ダウンタイムなども考慮が必要ですが、最も重要なのは、その方に合う適切な方法で手術を行うことです。

3. 全切開法

全切開法とは?

まぶたを切開して、筋肉、脂肪、結合組織を適度に取り除き、縫合することで二重ラインを作る手術法です。部分切開では十分な結果を得られない、非常に腫れぼったい目に適用されます。術後4~5日目に抜糸します。しばらく腫れが続きますが、数ヵ月後には落ち着き、自然でとれることのない二重を作ることができます。

全切開はこんな方に向いています

  • はっきりとした二重ラインを作りたい場合。
  • 上まぶたに傷跡がある場合
  • 過去にした埋没法のラインを修正したい場合。
全切開法 手術過程
STEP 1
ご希望の二重ラインをデザインします。
STEP 2
デザインしたラインに沿って、切開します。
STEP 3
筋肉や脂肪などを適量切除します。
STEP 4
縫合します。
4. 目つき矯正術(眼瞼下垂)

1. 目つき矯正術とは?

理想的な目は、瞳の3分の2以上が見えている目で、まぶたが大きく黒目を覆っている場合は、眠そうに見えたり、印象の悪い目になってしまいます。目つき矯正はこのような場合に、その他の目の整形と並行して行い、さらにパッチリとした目元を作る手術法です。

※一般的な二重手術(埋没法・部分切開法・全切開法)だけではパッチリとした目元を作れない場合に行われます。

目つき矯正はこんな方に向いています
1.眠そうに見える目の方。
2.目を開ける筋肉の力が弱く、瞼が瞳に覆いかぶさっている方。
3.目が極端に小さく、二重手術だけでは十分な効果が得られない目。
4.左右の目の大きさが異なる方。
5.大きな目にしたい方。

2. 眼瞼下垂とは?

重たく眠そうに見える上まぶたは、まぶたを開けようとする筋肉がなんらかの理由によって力が弱くなっていることが原因です。眼瞼下垂とは、このようにまぶたが黒目を覆った状態を言います。この場合、上まぶたの眼瞼挙筋を縫い縮め、まぶたを開く力を強化して、目の縦幅を広げる目つき矯正(眼瞼下垂)手術を行います。一般的には二重手術などの目整形と平行して行われます。

5. 目頭切開・目尻切開

目頭切開とは?

多くの東洋人は、蒙古(もうこ)ひだという皮膚があり、目と目の間の距離が広く目が離れてみえてしまうという特徴を持っています。目頭切開は、目頭から上まぶたにかけてかぶさっている皮膚(蒙古ひだ)を切除する手術を言い、目と目の間を近づけながら、切れ長で大きな目を作ることができる手術です。

目尻切開とは?

目の横幅が狭い場合、目尻を少し切開して、切れ長で大きな目を作ります。この手術が目尻切開です。目尻切開術は慎重に手術を行わないと、切れ長の目を作ることができません。また傷跡だけが残ってしまう場合もあります。効果の有無を正確に判断し、適切な手術を行わなければなりません。

7. 上眼瞼術・下眼瞼術

上眼瞼術とは?

目は加齢による影響が最も出やすい部位です。上眼瞼術は、上まぶたのシワ・余分なたるみを除去する若返り術です。手術は、二重ラインに沿って切開して、たるんだ皮膚と筋肉を取り除いて、若々しい目元を作ります。

下眼瞼術とは?

下眼瞼術は、加齢により生じた下まぶたのたるみを除去する若返り術です。下まぶたは皮膚が薄いところなので、たるみが目立ちやすい場所と言えます。

8. 涙袋術・クマ取り

涙袋形成とは?

笑った時にできる目の下のふくらみが涙袋です。日本でも韓国でも、女優やアイドルは涙袋のある人が非常に多く、愛らしく魅力的な印象を与える重要なポイントになっています。また、涙袋がしっかりある方は、目が大きく見えます。涙袋の形成術には、自身の脂肪を注入する方法や脂肪再配置方法があります。

クマ取りとは?

表情を暗く見せ、年齢以上に老けて見えてしまう目の下のクマ。クマは年齢に関係なく生じます。目の下のクマには様々なタイプがあり、原因に合わせた治療が必要です。クマを取ると、明るくすっきりとした若々しい目元になります。

NAVI KOREA 新着動画

navi korea twitter

NAVI KOREA EVENT
韓国整形最新ニュース

NAVI KOREA HOT NEWS
韓国整形最新ニュース

提携病院

キャンペーン

韓国整形 TOP